前半33分、決定機を逃して天を仰ぐ栃木SCのFW森(左)=宮城県のユアテックスタジアム仙台

試合終了間際、失点して悔しがる栃木SCのGK藤田(中央)ら=宮城県のユアテックスタジアム仙台

後半28分、攻め込む高萩

前半25分、競り合う佐藤

前半33分、決定機を逃して天を仰ぐ栃木SCのFW森(左)=宮城県のユアテックスタジアム仙台 試合終了間際、失点して悔しがる栃木SCのGK藤田(中央)ら=宮城県のユアテックスタジアム仙台 後半28分、攻め込む高萩 前半25分、競り合う佐藤

 サッカーJ2第2節は26日、各地で7試合を行い、栃木SCは仙台市のユアテックスタジアム仙台で仙台と対戦し、0-1で敗れた。通算1分け1敗で勝ち点1。

 栃木SCは立ち上がりから球際で激しさを見せ、ピンチの芽を刈り取った。攻撃はクロスやコーナーキックから枠内に数本シュートを放ったが、得点を奪えなかった。後半は防戦一方となり、攻撃を弾き返し続けた。そのまま引き分けかと思われた45分、相手のボール保持が続く中、パスで中央を崩され失点した。

 栃木SCの次節は3月5日午後2時から、大分市のレゾナックドーム大分で大分と対戦する。