男子で宇賀神、女子は吉原ともにV3 高校500M スピードスケート栃木県中学・高校総体

 スピードスケートの第70回県中学・高校総体第1日は8日、日光霧降スケートセンターで男女各種目を行い、高校男子500メートルで宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新)が38秒95の大会新をたたき出し、3連覇を飾った。

 高校男子1500メートルは平岡寛章(ひらおかひろあき)(作新)が優勝。中学男子は500メートルで阿部恵大(あべけいた)(坂西)が43秒16で連覇、1500メートルは湯沢大翔(ゆざわやまと)(日光東)が優勝した。

 女子は500メートルのみを行い、高校は吉原千智(よしはらちさと)(日光明峰)が3連覇し、中学は小山美希(こやまみき)(宝木)が女王の座に就いた。

 大会最終日は9日、同会場で男女の残り種目を行う。