柔道男子の白鴎足利、3回戦惜敗 ボクシングは佐藤(作新)が準決勝へ 高校総体

 全国高校総体(インターハイ)第12日は8日、福島県の郡山総合体育館ほかで6競技を行った。

 柔道男子団体の白鴎足利は初戦の2回戦で京都学園(京都)に3−1で勝ったが、3回戦は大成(愛知)に2−2から代表戦の末に敗れた。

 準々決勝を行ったボクシングはライトウエルター級の佐藤奨(さとうすすむ)(作新)が判定勝ちで準決勝進出。ライト級の簗丈一(やなじょういち)(同)ら3人は敗退した。

 カヌーはスプリント(500メートル)各種目の準決勝などを行い、いずれも小山南で、男子カナディアンシングルの木原周平(きはらしゅうへい)が3組6位、同カナディアンペアの宮内陸(みやうちりく)・石川駿(いしかわしゅん)が1組8位、女子カヤックペアの吹沢美憂(ふきざわみゆう)・中村真弥(なかむらまや)が1組8位で、それぞれ決勝進出を逃した。