作新・宇賀神が準優勝 男子スプリント 高校総体自転車

作新・宇賀神が準優勝 男子スプリント 高校総体自転車

 全国高校総体(インターハイ)第2日は29日、福島県いわき市のいわき平競輪場ほかで9競技を行い、県勢は自転車競技男子スプリントの宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新)が準優勝した。ケイリンの福田滉(ふくだひろし)(同)は4位、4キロ速度競走の落合悠斗(おちあいゆうと)(同)が5位と同競技で作新勢3人が入賞した。

 宇賀神は決勝1本目を先取されたが、2本目に勝利して同点に持ち込んだ。3本目は先に仕掛けた相手に先行され、追随も及ばず、1−2で敗れた。 

 サッカー1回戦は真岡が2−0で中京大中京(愛知)を下して初戦突破。ホッケーも男子の今市が2−1で沼宮内(岩手)を破って2回戦に進出。バレーは男子の足工大付と女子の国学栃木が初戦の予選グループをそれぞれストレート勝ちし、決勝トーナメントに駒を進めた。

 団体を行った卓球は、男子の作新と女子の青藍泰斗がそれぞれ1回戦を突破したが、2回戦で敗退した。