ソフトテニスの全国高校総体・全日本高校選手権大会県予選は21日までに女子団体を行い、宇短大付が28年ぶり3度目の優勝を飾った。

 宇短大付は準々決勝で宇中女、準決勝で大田原女を下し、決勝で7連覇を狙った白鴎足利に2−1で勝利。7月26日から、福島県会津若松市で開催されるインターハイに出場する。