ソフトテニス個人・宇短大付が男女制す 高校総体栃木県予選

 全国高校総体(インターハイ)県予選は12日までに、県総合運動公園ほかでソフトテニス、卓球、弓道などを行った。

 ソフトテニス個人は宇短大付が男女ともに制した。男子は篠塚尚弥(しのづかなおや)・大森柊(おおもりしゅう)組が優勝。決勝は2−1で迎えた第4ゲーム途中に相手ペアが棄権した。女子は新井花依(あらいかえ)・大岡魅来乃(おおおかみらの)組が初の栄光をつかんだ。

 弓道男子団体は足工大付が優勝。フェンシング団体フルーレ男子は宇南、女子は栃商が5−4で栃木翔南を下して頂点に立った。