2日閉幕したジャカルタ・アジア大会で、日本は1966年バンコク大会に次ぐ史上2位の金メダル75個を獲得した。本県関係ではリーベ栃木の3選手が出場したホッケー男子など団体5種目で金メダルに輝いたが、個人種目の優勝はゼロ。前回MVPで競泳男子の萩野公介(はぎのこうすけ)(ブリヂストン)、スポーツクライミング男子の楢崎智亜(ならさきともあ)(TEAM au)らが頂点にあと一歩届かなかった。

 男子ホッケーにはリーベ栃木の大橋雅貴(おおはしまさき)、落合大将(おちあいひろまさ)(ともに北綜警)、星卓(ほしすぐる)(サンコー)が出場した。決勝は格上のマレーシアに劣勢を強いられたものの、第4クオーターに3点差を追い付く脅威の粘りを発揮。再び1点ビハインドの残り13秒、落合の同点弾でシュートアウト戦に持ち込み、初の栄冠を手にした。

   【ジャカルタ・アジア大会の主な本県関係選手の成績】  

 競 技     種 目            氏 名
競泳男子     200m個人メドレー   萩野 公介(ブリヂストン)     銀
         400m個人メドレー     ”               銀
         400m自由形        ”               銅
         800mリレー        ”               金
競泳女子     400m個人メドレー   清水 咲子(ミキハウス)      銅
サッカー女子                鮫島  彩(INAC神戸)     金
ホッケー男子                大橋 雅貴(リーベ栃木・
                         北関東綜合警備保障)     金
  ”                               落合 大将( ” )         金
  ”                               星   卓(リーベ栃木・サンコー)金
バレーボール女子               黒後  愛(東レ)          4位
バスケットボール女子             林  咲希(JX-ENEOS
                              -白鴎大出) 銅
自転車男子   チームスプリント    雨谷 一樹(日本競輪選手会
                              栃木支部)  銅
馬 術男子   総合馬術個人         平永 健太(クレイン栃木)    7位
 ”                     ”   団体                            ”                    金
柔 道男子   混合団体           海老沼 匡(パーク24)        金
クレー射撃男子 スキート           折原 研二(那須国際射撃場)   11位
  ”    女子       ”                               折原 梨花(文星芸大)       14位
  ”  ”          ”                               石原奈央子(古峯神社)       7位
  ”  ”       トラップ                     中山由起枝(日立建機)      20位
スポーツクライミング 
        スピード          楢崎 智亜(TEAM au)    10位
        複  合                 ”                 銅
空 手男子   組手75キロ級        渡辺 大輔(日本空手松涛連盟)    1回戦
野 球男子                  辻野 雄大(ホンダ-白鴎大出)  銀
 ”                               堀米 潤平(東芝-白鴎大出)   銀