高久弘(那須)が逆転初優勝 知事盃ゴルフ・グランドシニア

 第52回県知事盃争奪ゴルフ競技大会(県ゴルフ連盟、県ゴルフ場協議会、下野新聞社主催)は16日、鹿沼市の鹿沼72CCでグランドシニアの部(男子70歳以上)決勝大会を行い、高久弘(たかくひろし)(那須)が3オーバー75で初優勝した。昨年のシニアに続き2年連続の優勝。

 準決勝を勝ち抜いた126人が出場。肌寒い雨で各選手がスコアメークに苦しむ中、高久は前半のインを1バーディー4ボギーの39でトップと1打差につけると、後半のアウトは2バーディー2ボギーのイーブンパーでまとめ、逆転した。

 2位は4オーバー76で村上和男(むらかみかずお)(日光)、同じく4オーバー76の落合功(おちあいいさお)(群馬)は大会規定で3位だった。75歳以上の上位3人に贈られる特別表彰は上位から順に、布施猛(ふせたけし)(那須塩原)、大登正雄(おおとまさお)(宇都宮)、大場宣明(おおばのぶあき)(同)が受賞した。

 次の決勝大会は24日、宇都宮市の宇都宮CCでシニアの部を行う。