リーベ栃木「一戦必勝誓う」 1部昇格1年目で開幕前パーティー

 ホッケー男子日本リーグ1部のリーベ栃木は1日、宇都宮市の北関東綜合警備保障あんしん館でスターティングパーティーを開いた。監督や選手がスポンサー関係者らと交流し、7日に開幕するリーグでの活躍を誓った。

 シーズン開幕前の恒例イベント。ファンやスポンサーら約120人が集まった。リーベ栃木は昨季、2部2位となり、1部5位の小矢部(富山)との入れ替え戦を制して初の1部昇格を決めた。今季の新加入選手は日本代表のFW小沢諒(おざわりょう)(山梨学院大)ら11人。福田敏昭(ふくだとしあき)監督は「レベルの拮抗(きっこう)した激しいリーグに挑戦するが、一戦必勝で一つでも多く白星を獲得したい」と抱負を語った。

 その後、選手らはサインや写真撮影に快く応じながら来場者たちと歓談。最後に若林勝己(わかばやしかつみ)主将が「チームをまとめ、みんなと勝利の喜びを分かち合いたい」と健闘を誓った。