佐藤2年ぶり女王 栃木県フィギュアスケート選手権 男子は平田が頂点

佐藤2年ぶり女王 栃木県フィギュアスケート選手権 男子は平田が頂点

 フィギュアスケートの第73回県選手権大会は18日、宇都宮市スケートセンターで行われ、女子ジュニア選手権クラスで小山二中の佐藤紗菜(さとうさな)(宇都宮FC)が2年ぶりの2度目の優勝を果たした。

 前半のショートプログラムでトップに躍り出た佐藤は、続く後半のフリーでも目立ったミスをせずに合計112・24点。2位で宇南高の田所二千羽(たどころにちは)(同)に20点以上の大差をつけて女王の座を手にした。

 男子ジュニア選手権は宇北高の平田(ひらた)大和(やまと)(同)が頂点に立ち、2位は渡辺元(わたなべげん)(日光東中)だった。