とちぎ国体、2022年10月1日開幕を希望 栃木県準備委

 2022年に本県で開催される第77回国民体育大会「いちご一会(いちえ)とちぎ国体」の県準備委員会第10回常任委員会が13日、宇都宮市内で開かれ、会期案として「10月1~11日」など希望3案を日本体育協会に提出することなどが了承された。同協会が宮内庁と協議し、来年6月に正式決定される見通し。

 この日示した会期案は、いずれも土曜日を開幕日とする(1)10月1~11日(2)10月8~18日(3)9月24日~10月4日−の三つ。このうち本県としては(1)を第1希望に挙げた。同委員会事務局はこれまで、国体の会期を「22年9月中旬~10月中旬の11日間」としてきた。

 最後に県のマスコットキャラクター「とちまるくん」を国体マスコットとする任命式が行われ、福田富一(ふくだとみかず)知事から任命証が手渡された。