前半31分、栃木SCの福岡(左)がヘディングシュートを放つ=県グリーンスタジアム

前半33分、栃木SCの多田(中央)らが相手の攻撃を防ぐ=県グリーンスタジアム

後半12分、栃木SCの大黒(右)がシュートを放つ=県グリーンスタジアム

前半31分、栃木SCの福岡(左)がヘディングシュートを放つ=県グリーンスタジアム 前半33分、栃木SCの多田(中央)らが相手の攻撃を防ぐ=県グリーンスタジアム 後半12分、栃木SCの大黒(右)がシュートを放つ=県グリーンスタジアム

 明治安田J2第31節は1日、各地で11試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで岡山と対戦、0-1で競り負けた。連勝は4で止まり、10試合ぶりの敗戦。通算成績は11勝8分け12敗、勝ち点41。順位は13位のまま。

 前節に続きMFヘニキが出場停止の栃木SCは前半2分、左CKから先制を許した。そこからは徐々に押し返し、31分は右CKからのクロスにDF福岡将太が頭で合わせたが、ボールはクロスバーを越えた。後半はMF西沢代志也に代え、MF西谷優希を投入。6分に大黒の折り返しを受けたFW西谷和希のシュートは枠を捉えたが、相手GKに阻まれた。

 次節は8日午後7時から、徳島県鳴門市で8位徳島と対戦する。