プロ入り田嶋投手を激励 宇都宮で歴代指導者らがエール

 プロ野球オリックスにドラフト1位指名され入団が決まった田嶋大樹(たじまだいき)投手=佐野日大高−JR東日本=の激励会が23日、宇都宮市内のホテルで開かれ、恩師やチームメートら関係者約200人がエールを送った。

 中学時代に所属した「鹿沼ボーイズ」(石川文雄(いしかわふみお)代表)が主催した。田嶋投手がこれまでに所属した各チームの指導者らが登壇し、和やかなムードで会は進行した。

 野球人生の原点となった学童野球チーム「宝木ファイターズ」の古沢明(ふるさわあきら)監督は「大ちゃんは野球に対する姿勢が粘っこい。弱音は吐かない、減らず口をたたかない、こつこつ努力する。理想的な人間だと感じた」と振り返った。