阿部(右)を先頭にタイムを上げ、レースを制した宇都宮ブリッツェン=栃木市の渡良瀬遊水地

第1回チームTTチャンピオンシップで優勝した宇都宮ブリッツェンの選手たち(中央)=1日午後、栃木市の渡良瀬遊水地

阿部(右)を先頭にタイムを上げ、レースを制した宇都宮ブリッツェン=栃木市の渡良瀬遊水地 第1回チームTTチャンピオンシップで優勝した宇都宮ブリッツェンの選手たち(中央)=1日午後、栃木市の渡良瀬遊水地

 自転車ロードレースのJプロツアー(JPT)第16戦「第1回チームタイムトライアル(TT)チャンピオンシップ」は1日、栃木市の渡良瀬遊水地内谷中湖北ブロック(全長16キロ)で行われ、宇都宮ブリッツェンが18分41秒31で初代王者に輝いた。

 16チームが各4~6人で隊列を組んで走り、3番目にゴールした選手のタイムで順位を競った。6人で臨んだブリッツェンは序盤阿部嵩之(あべたかゆき)を中心にペースを上げ、最終盤は増田成幸(ますだなりゆき)主将、岡篤志(おかあつし)、小野寺玲(おのでられい)が連係し、加速してゴール。2位に約12秒差をつけた。

 JPT第17戦個人TTは2日午後1時半から、同会場で行われる。