日本ハム入団会見 北浦投手(白鴎足利高)「1日も早く1軍に」

 日本ハムは24日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場でドラフト1位指名の東京・早稲田実業高清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)内野手(18)ら新人7選手の入団記者会見を行い、同5位の白鴎足利高北浦竜次(きたうら・りゅうじ)投手(17)=184センチ、85キロ、左投げ左打ち=は「1日でも早く1軍に上がれるように頑張りたい」と抱負を述べた。北浦の背番号は63に決まった。

 北浦は那須塩原市出身で、厚崎中時代には大田原ボーイズで活躍した。白鴎足利高では最速147キロの本格派左腕として、今春の県大会では防御率0・36、主砲としても打率5割7分1厘と投打で初優勝に貢献。足利学園高時代を含め、同校から直接プロ入りした初めての選手となった。