広田龍馬が大障害で優勝 馬術の成年男子 えひめ国体

 第72回国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」馬術競技は8日、兵庫県三木市の三木ホースランドパークで行われ、成年男子国体大障害飛越で広田龍馬(ひろたりょうま)(那須トレーニングファーム)がこの種目では初の栄冠に輝いた。広田の国体優勝は2007年秋田国体で同標準障害飛越を制して以来、10年ぶり2度目。

 愛馬ライフ・イズ・ビューティフル号に騎乗した広田は、減点なしで上位4人による優勝決定戦「ジャンプオフ」に進出。さらに減点なしの飛越、走行で京都の選手に並んだが、タイム差で上回った。