関甲新学生野球秋季1部リーグ第4節は23日、群馬県伊勢崎市の上武大野球場で1回戦2試合を行い、作新大は3−2で上武大に競り勝った。白鴎大は1−5で関東学園大に敗れ、今季初黒星を喫した。

 作新大は4番川田晃司(かわだこうじ)(神・横浜)が全3打点をたたき出す活躍。1点を追う六回に同点適時打を放つと、1点を勝ち越された直後の八回裏に逆転の2点本塁打を放った。先発左腕の鈴木逸斗(すずきはやと)(作新)も被安打7、2失点で完投した。

 白鴎大は二回に5点を許し、打線も相手右腕を前に3安打と沈黙。四回に4番大下誠一郎(おおしたせいいちろう)(白鴎足利)が適時打を放ったが、1点を返すにとどまった。