白鴎大、連勝で勝ち点 関甲新学生野球

白鴎大、連勝で勝ち点 関甲新学生野球

 関甲新学生野球秋季1部リーグ第2節は10日、白鴎大野球場で2回戦2試合を行い、白鴎大は3−0で新潟医療福祉大に完封勝ち、2連勝で勝ち点を手にした。

 白鴎大は攻守がかみ合った。先発の2年生左腕中村伊吹(なかむらいぶき)(福岡・星琳)が8奪三振、被安打5でリーグ初完封。打線は三回1死三塁で、金子莉久(かねこりく)(国学栃木)の投ゴロの間に、三走・友岡翔(ともおかしょう)(福岡・自由ケ丘)が好走し、無安打で先制点。八回は2死一、三塁で4番大下誠一郎(おおしたせいいちろう)(白鴎足利)が2点適時打を放ち、ダメを押した。

 第3節は白鴎大−作新大の県勢対決。16日は午後0時半、17日は午前10時から白鴎大野球場で激突する。