「♯さくら市防災」に寄せられたツイート

 【さくら】市は災害発生時に、ツイッターを活用して市民から情報を寄せてもらい被災状況をいち早く把握しようと、8月から災害用ハッシュタグ「♯さくら市防災」(♯は半角)を使って運用を始めた。9月9日の市総合防災訓練では活用訓練を実施する予定で、市民に投稿を呼び掛けている。

 短文投稿サイトのツイッターは、震災などの災害時、携帯電話などがつながりにくい状況でも有効な通信手段になることが知られている。「♯さくら市防災」を文章内に入力すると、ハッシュタグのついたツイートとなって、検索の対象になる。

 浸水や倒木の画像など、市民から提供される被災情報の把握が容易になり、市民も情報を共有できるようになる。市は「災害時は職員だけでは市全域をカバーしきれない。積極的に発信してもらえれば、対応の優先順位を決める助けにもなる」と説明する。

 (問)市総合政策課028・681・1113。