日光市ホッケー場視察 東京五輪組織委関係者

 2020年東京五輪・パラリンピックでホッケー競技場の整備を進める大会組織委員会が1日、日光市根室の同市ホッケー場を訪れ、施設や競技の運営状況などを視察した。同市によると、大会組織委が同ホッケー場を訪れるのは初めて。

 同組織委スポーツ局のメンバーら9人がピッチ脇に設置された散水銃などを視察。会場でこの日行われた日本リーグ女子の試合も観戦した。

 東京都によると、ホッケー競技場は品川区の大井ふ頭中央海浜公園内に整備する計画。2017年度に着工し、大会前年の19年度中の完成を予定している。

 県ホッケー協会の青木一明(あおきかずあき)理事長は「組織委に協力できることは協力したい」と話していた。