八方ケ原へ激走 矢板のヒルクライム大会に過去最多の参加者

八方ケ原へ激走 矢板のヒルクライム大会に過去最多の参加者

 【矢板】高原山のふもとから八方ケ原へ続く道を一気に駆け登る一般参加の自転車レース「第4回やいた八方ケ原ヒルクライムレース2017」が20日、矢板市内で行われた。

 選手は前回より約130人多い過去最多の662人が県内外から参加。全長13・4キロ、平均斜度7・1%の厳しい上り坂を舞台に、年齢や性別などで分けられたカテゴリー別に熱いレースを繰り広げた。

 レースには、自転車プロチームの宇都宮ブリッツェンと那須ブラーゼンの選手もゲストで出場した。