「四季」テーマ、華麗な演技に大拍手 プリンスアイスワールド日光

 色鮮やかに氷上を照らすスポットライトに、舞い飛ぶ氷の結晶。5日に開幕した「プリンスアイスワールド2017 in NIKKO」では、五輪メダリストを含むトップスケーターらが華麗なジャンプや高速スピンを披露。会場内には大きな拍手が響き渡った。

 ショーは、巡る四季がテーマ。「春よ、来い」の音楽が流れると氷上は桃色に染まり、華やかな衣装に身を包んだ大勢の出演者たちが次々と登場。颯爽(さっそう)と旋回し、バック転などのアクロバティックな演技を見せた。

 この日は、昨年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(ほんだまりん)選手が深紅の衣装をまとい、来年の平昌冬季五輪出場に向けた新ショートプログラムを初披露。タンゴの曲調に合わせた演技で観衆を魅了した。