リーベ、首位に逆転勝ち ホッケー日本リーグ

 ホッケー日本リーグは3日、日光市ホッケー場ほかで男子2部第3節第1日などを行い、リーベ栃木が3−2で首位の福井クラブに逆転勝ちした。女子1部のグラクソ・スミスクラインは3−0で東海学院大を破った。

 リーベ栃木はFW大橋雅貴(おおはしまさき)がハットトリックの活躍。第2クオーター12分に先制点を決めると、最終クオーターは9分、10分と立て続けにシュートを決めた。

 グラクソは第3クオーター6分、FW柴田(しばた)あかねが先制点を挙げ勢いに乗り、直後にFW井沢美空(いざわみく)が追加点。最終クオーターも攻撃の手を緩めず、相手GKが弾いたボールを井沢が押し込んだ。

 リーベ栃木は4日午後1時半から同ホッケー場で東農大と対戦。グラクソは同日午前10時から埼玉県の阿須運動公園ホッケー場で立命館と戦う。