県知事杯第50回県社会人サッカー選手権大会最終日は28日、県グリーンスタジアムで決勝を行い、FC CASAが宇都宮FCを4−0で下し、2年ぶり2回目の優勝を飾った。

 FC CASAは前半12分、FW平井晋太郎のゴールで先制。後半は18分にDF石塚雄志、20分にMF市川稔が決めて突き放し、ロスタイムには途中出場のDF近藤喜成がダメ押し。守っても安定した守備で無失点に抑えた。

 FC CASAは関東リーグに所属するヴェルフェたかはら那須とともに、6月4日から本県など関東各地で行われる全国社会人選手権大会関東予選に出場する。