7回、栃木GBの八木が中前適時打を放つ=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は30日、小山運動公園野球場で福島と対戦、4-5で敗れた。通算成績は13勝17敗。

 栃木GBは先発の前田大佳(まえだまさよし)が初回につかまり、2本塁打を浴びるなどして5失点。前田は二回以降立ち直り、六回以降も救援陣が無失点に抑えた。

 打線は三回に谷津鷹明(やつたかあき)、野崎新矢(のざきしんや)、飯原誉士(いいはらやすし)の3連打で1点返し、四回は代打の松井永吉(まついえいきち)が中前適時打、七回も代打の八木健史(やぎたけし)が中前適時打を放った。九回は敵失で1点差まで迫ったが、あと一歩及ばなかった。