佐野に4カ国の代表集結 クリケット女子、東アジア太平洋予選が28日開幕

 【佐野】クリケット女子ワールドT20東アジア太平洋予選(国際クリケット評議会主催、日本クリケット協会、市など共催)が28日~5月4日、栃本町の市国際クリケット場で開かれる。

 クリケットは英国、オーストラリア、インドなど英連邦諸国の人気スポーツで、競技人口はサッカーに次いで多いといわれる。市はクリケットによるまちづくりを推進している。

 同大会は日本のほかサモア、バヌアツ、パプアニューギニアの各国代表4チームが参加。2回戦総当たりで争い、優勝チームは来年開催される世界最終予選に出場できる。同協会は「ルール解説や体験会、飲食の出店なども予定されているので気軽に見に来てください」と話している。

 各日とも2試合で午前9時半と午後1時半試合開始。