白鴎大、逆転サヨナラで勝ち点 関甲新学生野球

白鴎大、逆転サヨナラで勝ち点 関甲新学生野球

 関甲新学生野球春季1部リーグは23日、小山市の白鴎大野球場で第4節の2回戦2試合を行った。白鴎大は4−3で作新大に逆転サヨナラ勝ちを収め、初戦の第2節から3節連続の勝ち点を手にした。

 白鴎大は2点を追う九回、先頭の4番・大下誠一郎(おおしたせいいちろう)(白鴎足利)の左越え本塁打で反撃を開始した。さらに1死二、三塁で代打・周東貴人(しゅうとうたかひと)(同)が同点適時打。続く一、三塁で友岡翔(ともおかしょう)(福岡・自由ケ丘)が決勝スクイズを決めて逆転勝ちした。

 作新大は三回に4番・川田晃司(かわだこうじ)(神・横浜)の適時打など4安打を集めて2点を先制。八回には川田がソロ本塁打を放ってリードを広げたが、好投を続けていた先発左腕・鈴木逸斗(すずきはやと)(作新)が九回につかまった。

 次節は両校とも試合がなく、次戦はともに5月6、7日の第6節。同会場で、白鴎大は関東学園大、作新大は新潟医療福祉大と対戦する。