アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは29日、日光霧降アイスアリーナでハイワン(韓国)と対戦、3−2で競り勝った。通算成績は8勝10敗、勝ち点24。

 バックスは序盤から積極的な攻撃を仕掛け、第1ピリオド2分2秒にFW今野充彬のゴールで先制。第2ピリオド1分5秒にはFW古橋真来が決めて突き放した。第3ピリオド開始直後に同点に追い付かれたが、2分26秒にFW寺尾裕道が勝ち越しゴールを奪い、そのまま逃げ切った。

 バックスは31日午後6時半から、同会場でハルラ(韓国)と対戦する。