バックス、東北に惜敗 プレシーズンゲーム

バックス、東北に惜敗 プレシーズンゲーム

 アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは26日、日光霧降アイスアリーナで東北とプレシーズンゲームを行い、ゲームウイニングショット(GWS)戦の末、2−3で敗れた。

 試合開始3分間で2度の乱闘が起こるなど荒れたスタートとなったが、バックスは数的優位を生かして試合の主導権を握った。均衡が破れたのは第2ピリオド。FW斎藤毅(さいとうたけし)のアシストを受けたFW寺尾勇利(てらおゆうり)が右サイドから切り込み先制した。

 第3ピリオドはカウンターから2失点し、一時勝ち越しを許したが、直後の17分39秒、パワープレー中にDF河合龍一(かわいりゅういち)がミドルシュートを決めて追い付いた。延長戦でも勝負が決まらず、GWS戦では10人目まで両者無得点。11、12回目を互いに決め、13回目で勝負が決した。

 レギュラーシーズンは9月2日に開幕。バックスは2、3の両日、同会場で王子と対戦する。