栃木県ミニバスケフェスでリーグ戦 ブレックスの実技指導も

 JA共済カップ第14回県ミニバスケットボールフェスティバル(県バスケットボール協会、県ミニバスケットボール連盟、下野新聞社主催、JA共済連栃木特別協賛)は10日、鹿沼総合体育館で開幕し、各地区の選抜チームなど男子6、女子9チームが予選リーグで熱戦を展開した。

 この日は栃木ブレックスの荒井尚光(あらいなおみつ)スクールディレクターら4人によるクリニックも実施。小学5年生の女子計89人が状況に応じたドリブルやシュートの実技指導を受けた後、実戦練習に汗を流した。

 荒井ディレクターは「全力でチャレンジしてくれてうれしい。さらにバスケを楽しんでほしい」とエール。