スタッフと一緒に、おにぎらずの具を載せていく子どもたち

 【小山】市の委託を受け子どもの居場所「おひさま」を運営するNPO法人「子どもの育ちを支える会さくらネット小山」がこのほど、料理を作って食べる「子どもクッキング」を同所で開いた。経済的問題や健康上の問題を抱える家庭の子育て支援の一環で、市と連携して毎月1回実施しており、夏休み中の8月は実施回数を2回に増やした。

 仕事に追われるひとり親家庭などでは、十分な食事を作る余裕がない場合もある。「子どもクッキング」では、子どもでも簡単にできるメニューで、食べるだけでなく作る楽しみも知ってもらう狙いがある。