円仁役の上條さん(中央)を迎えて練習する出演者たち

 【栃木】市ゆかりの平安時代の名僧円仁(えんにん)をテーマにした市民参加による組曲の公演が9月16日、市岩舟文化会館で行われる。2002年に俳優上條恒彦(かみじょうつねひこ)さんを円仁役に上演され反響を集めた旧岩舟町初の地域住民参加型ミュージカル「音楽劇円仁」のダイジェスト版。「上條恒彦コンサート」の第2部として、16年ぶりに上條さんと市民が円仁の生涯を歌い上げる。

 同ミュージカルは、遣唐使として中国に渡った円仁の9年半に及ぶ旅日記「入唐求法巡礼行記」を基にした。旧岩舟町がゆかり深い円仁を世界に発信しようと地域を挙げて実行委を組織。公募の町民が合唱やダンスで出演した。脚本・演出は演出家田中暢(たなかのぶる)さん(故人)。円仁ゆかりの全国3市で巡回公演が行われた。

 同組曲は、同ミュージカルの音楽13曲から成る。02年の公演後、出演した町民有志が混声合唱団「岩舟円仁合唱団」を結成し、歌い継いできた。