ブレックス、渡辺が復帰会見 引退撤回「一から頑張る」

 B1栃木ブレックスに復帰したPG渡辺裕規(わたなべひろのり)(29)が24日、県庁で開かれた入団記者会見に臨み、「バスケを離れて、あらためてバスケが好きだと気付いた。チームのために一から頑張りたい」と決意を述べた。

 冒頭でスーツ姿の渡辺は「お騒がせして申し訳ない」と、半年も経たずに引退表明を撤回したことを謝罪した。退団後の生活は明らかにしなかったが、「長い人生では違う世界を見るのが大事。何が一番自分に向いているかが分かった」と復帰理由を説明。今月上旬、鎌田真吾(かまたしんご)社長に連絡し、意志を伝えたという。

 面談を重ねた鎌田社長は渡辺のリーダーシップや得点力、若手選手への影響力などを評価。「熱い思いを受け入れた。強度は落ちたが、練習をすれば当時の形に戻れる」と契約の経緯を説明した。背番号は24で、12月2日の三遠戦からメンバー登録が可能となる。