ブレックス、B2広島との接戦制す プレシーズンゲーム

 B1栃木ブレックスは9日、広島県の東広島運動公園体育館でB2広島とプレシーズンゲームを行い、69−64で競り勝った。

 ブレックスは遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)、生原秀将(いくはらしゅうすけ)がけがから復帰。第1クオーター、遠藤の3点シュート、喜多川修平(きたがわしゅうへい)のスチールからの速攻を決める一方、攻撃のミスもあって得点を伸ばせず14得点にとどまった。1点リードで迎えた2クオーターは生原の3点プレーや山崎稜(やまざきりょう)の3点シュートなどで24得点を挙げ、リードを7点に広げた。

 第3クオーターは立ち上がりに連続失点。約5分間、フィールドゴールを奪えずに逆転を許した。1点を追う第4クオーターは激しい守備で失点を13に食い止める一方、セドリック・ボーズマンの連続得点、竹内公輔(たけうちこうすけ)の3点シュートなどで19得点し、再逆転した。