「ファンの後押しで王者に」 ブレックスが宇都宮市長に優勝報告

 【宇都宮】プロバスケットボールBリーグの初代王者になった栃木ブレックスの鎌田真吾(かまたしんご)社長とチャンピオンシップで最優秀選手(MVP)を獲得した古川孝敏(ふるかわたかとし)選手、リーグのベストディフェンダー賞を受賞した遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)選手が9日、市役所を訪れ、佐藤栄一(さとうえいいち)市長に優勝報告をした。

 鎌田社長が2016~17シーズンについて、「ブレックスアリーナでファンの後押しを受けて、あれだけの激戦を制することができた」と振り返ると、古川選手も「一緒に戦ってもらえていると実感している」とファンへの感謝の気持ちを語った。