ブレックス先勝、千葉に80−73 準決勝進出に王手

ブレックス先勝、千葉に80−73 準決勝進出に王手

 プロバスケットボールBリーグ1部で東地区1位の栃木ブレックスは13日、年間王者を決めるプレーオフ「チャンピオンシップ(CS)」初戦の準々決勝第1戦をブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で行い、同3位でワイルドカードの千葉に80−73と先勝、準決勝進出に王手をかけた。

 会場は3916人の観客で超満員。試合前の演出もCSのための特別仕様となり、天井から巨大な4枚のスクリーンが垂れ下げられた。その上に選手たちの映像が映ると大歓声が上がり、会場は一体感に包まれた。

 ブレックスは1点を追う第2クオーター、古川孝敏(ふるかわたかとし)の3点シュートやジェフ・ギブスの速攻など連続12得点で逆転。第3クオーターまでに9点のリードを築き、最終クオーターの千葉の反撃もしのぎ切った。

 第2戦は14日午後2時5分から同会場で行い、ブレックスは連勝すれば準決勝進出が決まる。負けて1勝1敗で並んだ場合は、試合終了後に前後半各5分の第3戦を行い、勝ったチームが準決勝に進む。