甲子園での熱闘を報告する作新の磯主将(右)ら=県庁

 第100回全国高校野球選手権記念大会に出場した作新ナインが28日、県庁や宇都宮市役所などを訪れ、甲子園での熱闘を報告した。

 8年連続で出場した作新は大会第2日の1回戦で、史上初となる2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭(北大阪)と対戦。1-3で敗れたものの、2番手佐取達也(さとりたつや)の好投などで終盤まで接戦を展開し、九回には沖龍(おきりゅう)の右前適時打で1点を返す粘りも見せた。