栃木GB、感謝祭でファンと交流 退団のナックル姫「声援力になった」

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は29日、小山市梁の練習拠点「小山ベースボールビレッジ」でファン感謝祭を開き、家族連れなど約200人が選手との交流を楽しんだ。

 米国に帰国したホーキン投手を除く全選手が参加。選手とファン混合で行われた綱引きは、多くの人が汗だくになるなど白熱。このほかスピードガンコンテスト、選手が指導するノックやティーバッティング体験なども人気を集めた。

 締めくくりには退団する選手が一人ずつあいさつ。吉田(よしだ)えり投手は「けがをしてマウンドに立つ姿を見せられず悔しかったが、温かい声援があってやり通せた」と感謝した。