野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は7日、群馬県高崎市の城南野球場で群馬と対戦し、4−7で敗れた。4連敗で通算成績は4勝11敗。

 栃木GBは初回に帷子翔太郎(かたびらしょうたろう)の左前適時打で1点を先制。しかし、先発の西瀧雄大(にしたきゆうた)が二回に2点本塁打を浴び、四回も3本の適時打を許して4失点。打線は五回に江畑秀哉(えはたしゅうや)の右前適時打などで2点、七回も八木健史(やぎたけし)の右前適時打で1点を追加したが及ばなかった。

 栃木GBは10日午後1時から、小山運動公園野球場で福島と対戦する。