栃木GB、巨人に3タテ許す BCリーグ

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は23日、佐野市運動公園野球場で巨人(3軍)との3連戦第3戦を行い、4−15で逆転負けした。4連敗で通算成績は3勝5敗。鹿沼市出身の巨人・松崎啄也(まつざきたくや)(作新高−作新大−日本製紙石巻)がサイクル安打を達成した。

 栃木GBは初回、1死一、三塁から八木健史(やぎたけし)の中犠飛で1点を先制。しかし、先発右腕の鈴木康平(すずきこうへい)が二回につかまり、7安打に2失策と打者14人の猛攻を浴び11失点。四回からは昨季まで巨人に在籍した左腕のウーゴ(佐野日大高−白鴎大)が登板したが、さらに追加点を奪われた。

 打線は六回に板倉寛樹(いたくらひろき)の左中間を破る適時二塁打で1点、八回は大嶋達也(おおしまたつや)の左前適時打など単打4本で2点を返したが反撃もそこまでだった。