ブリッツェン 開幕へ決意 JPT初戦控えチームプレゼン

 自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンは3日、宇都宮市内でチームプレゼンテーションを行い、増田成幸(ますだなりゆき)主将らが今季の意気込みを語ったほか、新ユニホームのお披露目などを行った。

 今季のチーム目標は「全日本選手権優勝」「Jプロツアー(JPT)総合優勝」「国際レース全てで表彰台」の三つ。清水裕輔(しみずゆうすけ)監督は「万全の体制であれば優勝を狙える。自信を持ってやっていく」と力を込めた。

 今季はチーム創設10年目の節目の年。甲状腺疾患バセドー病の治療を続けながら本格復帰する増田主将は「勝利にこだわる。1レース1レース、優勝するべき選手が勝てるように走りたい」と誓った。小野寺玲(おのでられい)、シクロクロスチームの小坂光(こさかひかる)は日本代表活動のため欠席した。

 新ユニホームはフランスの総合スポーツメーカー「ルコックスポルティフ」製。白を基調に、グラフィック化した赤の稲妻を配した斬新なデザイン。