ブリッツェン、岡の5位が最高 マトリックスが上位独占 JPT第21戦おおいたロードレース

 自転車ロードレースのJプロツアー(JPT)第21戦「おおいたサイクルロードレース」は15日、大分市の大分スポーツ公園大銀ドーム周辺を会場に10キロ×12周で行われ、県勢は5位の岡篤志(おかあつし)(宇都宮ブリッツェン)が最高。その他は阿部航大(あべこうだい)(ホンダ栃木)が17位、吉岡直哉(よしおかなおや)(那須ブラーゼン)が18位だった。

 来年からUCIコンチネンタルサーキットアジアツアーに組み込まれる同ロードレース。レースはアタックと吸収を繰り返した。ペースアップしつつ残り2周で次々にアタックを仕掛けたマトリックスパワータグ勢が独走。土井雪広(どいゆきひろ)の3時間14分11秒を頂点に1~4位を独占した。

 宇都宮ブリッツェン勢は序盤から積極的に攻撃を仕掛けて足を消耗。岡が終盤まで先頭で走ったが、引き離された。