親子で協力して取り組んだロボット工作教室

 【宇都宮】上戸祭小放課後子ども教室はこのほど、若草1丁目のとちぎ福祉プラザで親子ロボット工作教室を開き、同校児童と保護者約70人が、ロボット作りやプログラミングに挑戦した。

 講師は帝京大理工学部の関根久(せきねひさし)客員教授が務めた。参加者はカブトムシや車型などのロボット製作に親子で協力して取り組んだ。