長谷部四段が見守る中、将棋を指す子どもたち

真剣な表情で将棋を指す子どもたち

長谷部四段が見守る中、将棋を指す子どもたち 真剣な表情で将棋を指す子どもたち

 【小山】市在住の長谷部浩平(はせべこうへい)さん(24)が将棋のプロ棋士となったことを記念した「長谷部プロ・第1回市長杯争奪将棋大会」が27日、下国府塚(しもこうつか)の道の駅思川小山評定館で開かれ、小学(義務教育学校)1~6年生約80人が腕を競った。

 本県出身として戦後初のプロ棋士が地元から誕生したことや将棋への関心が高まっていることから、市などがつくる実行委員会が、将棋の普及と次世代の育成を目指し初めて開催した。

 大会は上級クラスと交流クラスに分かれて開かれた。上級クラスには20人が参加し、予選リーグを勝ち上がった10人が決勝トーナメントに進み対戦。作新学院小学部6年竹沢直希(たけざわなおき)君(12)が優勝し、「市子ども名人」に認定された。交流クラスは、次々と対戦相手を変え、勝利数を競った。