「一人当たり医師数」「かんぴょう生産量」など自慢 下野市がPRパンフ制作

 【下野】市はこのほど、シティープロモーションガイドブック「下野市100のコト」を2万部制作した。

 昨年4月にシティープロモーションパンフレット「しもつけしってる?」を1万部制作しているが、「市のポイントを簡潔にまとめた概要版が『しもつけしってる?』で、今回は詳細版」と担当の総合政策課は説明する。

 A4判28ページフルカラーの豪華版。100という目を引く数字をキーワードに、市民と、下野エール大使のザ・たっち、市PR動画に主演しているシモツケンなど市にゆかりのある人物99人が掲載されており、手にした「あなた」が100人目と訴えている。

 また、人口1人当たりの医師数が全国1位、心疾患による死者数県内最少、かんぴょう生産量日本一など自慢も忘れていない。約1年間に及ぶ製作日数、約400万円が投じられた。