JR東日本によると、25日午後5時40分ごろ、宇都宮市茂原2丁目のJR宇都宮線、石橋~雀宮駅間で、逗子発宇都宮行き下り快速電車と直径約3センチの倒木が接触した。同列車は現場で停止し、係員が倒木を撤去し、同6時3分に運転を再開した。けが人はなかった。

 この影響で同線の上下5分が最大約23分遅れ、約1500人に影響した。