初公開された複製像と作業の様子

初公開された複製像と作業の様子

初公開された複製像と作業の様子 初公開された複製像と作業の様子

 【日光】かつて日光東照宮・陽明門にあった日光山輪王寺の木像「風神」「雷神」の複製を制作する鹿沼市の工房「三乗堂」の女性職員3人が25日、JR日光駅で制作展示会を開き、複製像と彫刻作業を初めて一般公開した。

 多くの人に理解を深めてもらうため、1日限定で開催。高さ約1・3メートルの制作中の複製像2体を駅2階に展示し、腕の部品を彫る作業を披露した。観光客や支援者が次々と訪れ、興味深そうに見入った。