本番に向け練習に励む足利女子高管弦楽部

 【足利】市の伝統的な民謡である八木節を、楽器の演奏やダンスなどさまざまな形で披露する「八木節もうで」が9月16日、助戸仲町の助戸公民館で開かれる。出演する足利女子高管弦楽部のメンバーは連日、練習に取り組んでいる。

 イベントには、同部や群馬県の桐生女子高ダンス部など5団体が参加。八木節のフレーズを取り入れた踊りやロック調にアレンジした演奏を行う。たるや笛でリズムを奏でる一般的な八木節も披露され、表現の違いを楽しむことができる。

 足利女子高管弦楽部のメンバーは夏休み中も連日、練習を実施。真剣な表情でパートごとや全体で演奏を合わせていた。2年小沼佳南子(こぬまかなこ)さん(16)は「みんなが知っているメロディーで楽しめると思う。新しい八木節の良さを知ってもらいたい」と話している。