通算21アンダーで逆転優勝し、カップを手に笑顔の藤田=エリエールGC松山

通算21アンダーで優勝し、涙を流して喜ぶ藤田さいき=エリエールGC松山

通算21アンダーで逆転優勝し、カップを手に笑顔の藤田=エリエールGC松山 通算21アンダーで優勝し、涙を流して喜ぶ藤田さいき=エリエールGC松山

 女子プロゴルフツアーの大王製紙エリエール・レディース最終日は20日、愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山で行われ、宇都宮市の藤田(ふじた)さいき(36)が2011年の富士通レディース以来となる11年ぶりの通算6勝目を挙げた。

 賞金女王に2度輝いている鈴木愛(すずきあい)との一騎打ちとなった優勝争い。藤田は難易度の高い5番パー4で最初のバーディーを奪って勢いに乗った。ボギーなしと最後まで安定感が光り、1打差で競り勝った。

 11年35日ぶりの優勝は10月の三菱電機レディースを11年189日ぶりに制した金田久美子(かねだくみこ)に次ぐ記録。また通算21アンダー263ストロークは、4日間(パー71)でのツアー最少記録となった。

 ウイニングパットを決めた藤田は感涙にむせび「この(優勝の)瞬間を夢見て、諦めないで続けてきた。この瞬間を味わえてよかった」と優勝スピーチした。

 TBC学院出。06年プロテスト合格。同年のプロミス・レディースで初優勝。