【さくら】市は16日、4月1日付の職員異動を内示した。退職者が少ないことなどから、部課長級の異動は前年度に比べ19人少ない7人にとどまり、全体でも前年度比51人減の123人と小規模な異動となった。

 檜原史郎(ひばらしろう)市民福祉部長を部長級の会計管理者兼課長とし、後任の市民福祉部長に佐藤佳子(さとうよしこ)税務課長を昇格させる。女性の部長は初めて。

 女性の管理職への登用については佐藤氏を含め部長職1人、課長職1人、課長補佐職2人、係長職3人を新たに登用し、管理監督職員の男女比率改善に努めた。課長補佐以上の女性の割合は11・9%となる。

 昇任・昇格は67人、退職者は4人、新規採用は12人。